景観地区・観音堂地区

現地付近上空20mの高さから2018年4月27日に撮影した画像です

景観地区の建築物の制限内容

景観地区とは、景観法により規定される都市計画法上の地域地区のひとつで、良好な景観の保全・形成を目的としています。

当該観音堂地区も『石垣らしい保養・リゾート地として安らぎとゆとりのある街並み風景』・『森林空間』をつくる方針により下記をはじめ各種制限が設けられています。

  • ・建築物の規模、高さ
  • ・屋根の形状、素材
  • ・外壁の色等
  • ・建築物の用途
  • ・緑化帯、緑化率の設定

もちろん<コーラルベイ石垣島迎賓館>も景観地区の制限に則り設計されています。
低層2階建て、敷地面積9,433㎡に対して建築面積はゆとりの2,947㎡、総戸数は52戸、赤瓦と白壁の意匠が主な要素です。
建物が完成した際は、青い海、緑広がる中に点在する赤瓦の風景に調和し、さらに醸成感のある風景となることでしょう。

1:完成予想CG (現地付近上空12mの高さから2018年4月27日に撮影した画像に建物の完成予想CGをはめ込んだものです) 2:エントランスアプローチ完成予想CG 3:完成予想CG (現地付近上空10mの高さから2018年4月27日に撮影した画像に建物の完成予想CGをはめ込んだものです) 4:完成予想CG (現地上空8mの高さから2018年4月27日に撮影した画像に建物の完成予想CGをはめ込んだものです)

お問い合わせ先・資料請求は

東急リゾート㈱ 沖縄営業所

9時30分~18時00分 /毎週水、第1~4火曜 定休

無料通話
0120-002-723

資料請求はこちら

ページトップへ