EMPRESS(エンプレス)[外観 CG]

マニラ市内の大型複合開発、「キャピトルコモンズ」内の新築タワーレジデンス  フィリピン国内大手のディベロッパー、オルティガスグループによって開発されているマニラ市内の大型複合コミュニティ「キャピトルコモンズ」の一角に建設予定の新築コンドミニアム。2026年竣工予定の総戸数771ユニット、56階建ての大型レジデンシャル物件です。全10haの広大な敷地には最先端機能を備えたレジデンス、レストランやカフェなどの商業施設、緑豊かな公園などの住環境が計画されております。地下鉄の駅も徒歩圏内で、アクセス・利便性においてこの上ないロケーションです。

ロケーション

本物件が建設されるキャピトルコモンズは、2025年完成予定のメトロマニラ地下鉄「オルティガスサウス駅」から徒歩約3分(約190m)の距離に位置します。日本のJICA(国際協力機構)によって建設が進められているメトロマニラ地下鉄は、地下高速トランジット線でマニラ市内を南北に走る28.3キロの路線で、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)まで約15分(6駅目)でアクセスできます。地下鉄が完成すれば、渋滞の多いマニラにおいては、空港やその他主要エリアへのアクセスが大変スムーズになります。

アメニティ 6階アメニティフロアには、レジデント用ラウンジ、読書室、ソーシャル/ファンクションホール、化粧室、フィットネスホール、ダンススタジオ、子ども用プレイルームなどの共有施設が計画されております。また屋外アメニティーには、アクティブゾーン(25mラッププール、キッズプール、カバナ / ラウンジエリア)とクワイエットゾーン(ガーデン、ウェルネス芝生広場)が建物を挟んで設けられ、目的に合ったご利用ができます。また、キャピトルコモンズのオーナーは、それぞれの建物のアメニティだけでなく、他のレジデンス内のアメニティも使えます。アクティブゾーン[エントランスロビー CG] [屋外プール CG] クワイエットゾーン[レジデンス用ラウンジ CG] [ウェルネス芝生広場 CG]

プラン コンパクトで使いやすいスタジオタイプから、大人数でゆったりと過ごせる3ベッドルームまでをご用意。床から天井まで大きく作られた開口部は採光性に優れ、開放的な空間を演出します。 パークビュー(8〜21階) エンプレス・スイート(54階・56階・58階)※4階、13階、44階はないため実際とフロア表示は異なります。

  • 【1ベッドルーム 65m²〜76m²/7階〜59階】
  • 【2ベッドルーム 104m²〜116m²/7階〜59階】

物件概要

名称EMPRESS(エンプレス)
住所In Capitol Commons, Pasig City, Metro Manila, Philippines
価格帯 PHP 7,982,000〜33,332,000 1PHP≒2.15円(2019年11月21日時点)
間取り
ユニット面積
スタジオタイプ(30〜46m²)、1ベッドルーム(65〜76m²)、
2ベッドルーム(104〜116m²)、 3ベッドルーム(147〜152m²)、
3ベッドメゾネットタイプ(241m²)
総戸数771戸
階数56階建(レジデンス販売フロア 7階〜)
管理費100ペソ/m²
共有施設レジデント用ラウンジ、読書室、ソーシャル / ファンクションホール、
化粧室、フィットネスホール、ダンススタジオ、子ども用プレイルーム、アクティブゾーン、25mラッププール、キッズプール、カバナ / ラウンジエリア、クワイエットゾーン、ガーデン、ウェルネス芝生広場他
竣工・引渡2026年3月 予定
土地権利所有権
開発業者Rockwell Land(時価総額約260億円の上場企業)

掲載の各パースについてはプロパティアクセス社より提供され、使用承諾を受けております。
上記物件概要は2019年11月11日時点について掲載したものです。

掲載されている物件などの各種情報については、最新の情報をご提供できるよう、注意を払っておりますが、掲載中に成約や営業活動の中止・あるいは価格・管理費などの変更が生じる場合があります。内容については必要に応じ、当社担当へご確認いただくよう、お願いいたします。
掲載情報に基づいて、お客様ご自身の判断で当社担当を介することなく、起こされた行動によって生じた損害・障害・不利益などに対する責任につきましては、当社では負いかねますことを、予め、ご了承ください。
※東急リゾート株式会社は、日本の不動産会社(宅地建物取引業者)です。「EMPRESS」コンドミニアム分譲における「事業主」または「販売代理業者」 ではありませんが、販売代理業者との契約に基づき、事業主の許可を得て販売資料等の提供を受け、日本マーケットでの販売サポートを行います。なお、当該分譲事業に関する契約サポート行為は、事業主と日本国内におけるマーケティング契約を締結しているプロパティアクセス社が行います。